もし、音楽の神様が地上に降りてきたとしたら・・・

きっと ボチェッリ のような歌を聞かせて下さるでしょう。   セリーヌ・ディオン

アンドレア・ボチェッリ

ボチェッリ

アンドレア・ボチェッリ Andrea Bocelli

イタリアで絶大な人気を誇るテノール歌手。イタリアンポップス、クラシックの至宝。


1,958年9月22日イタリア・トスカーナ ラジャテイロ生まれ。

早くからオペラに興味を持ち、6才の時からピアノを習い
フルートなどの管楽器の勉強もしていた。

生まれつき弱視(緑内障)だったが、12才の時にサッカーボールを頭に受け
それが原因となり両眼の視力を完全に失う。

「人生を生きる秘訣はコップに水が半分入っていたら、その入っている部分を見るようにすることで、決して空の半分を気にしてはいけません。そうすれば心穏やかに生きていけるのです。」 bocelli

障害に屈することなく、法学博士号を取得し弁護士として活動していたが
歌手になる夢を捨てきれず、フランコ・コレルリに師事、夜はピアノ・バーで歌うという生活を送る。

1,992年に、イタリアを代表するロック&ポップス歌手ズッケロが探していたアルバム
「ミゼレーレ」のデモ・テープ用のテノール歌手オーディションに挑戦し見事にパス。

”Andrea was just unbelievable! He had something not one of the other tenors possessed. He had soul.” Zucchero

さらに「ミゼレーレ」でズッケロとデュエットした、世界的なテノール歌手である
ルチアーノ・パバロッティパバロッティに見出され、デビューへのきっかけを手に入れる。

(この時、パバロッティはボチェッリの歌唱力に大変驚き、ズッケロにボチェッリとのデュエットを薦めるが、結局ズッケロはレコーディングをパバロッティと行い、その後のツアーではボチェッリを帯同し、ミゼレーレをデュエットしたとの逸話が残っている。)

1,994年、デビュー・アルバム「il Mare Calmo della Sera」をリリース。

長い道のり、36歳でのデビューだった。

1,994年のサンレモ音楽祭新人部門で優勝。

1,995年、2ndアルバム「bocelli」はヨーロッパで大ヒットとなり、シングル・カットされたCon Te Partiroはその曲と歌声の素晴らしさに感動したサラ・ブライトマンと
Time to say goodbyeタイム・トウ・セイ・グッドバイとして再リリース、世界的なヒットとなる。

1,997年に発表した実質的な世界へのデビューアルバムロマンツァロマンツァ
全世界で3,000万枚以上のセールスを記録。

1,999年にアルバム夢の香り夢の香りでセリーヌ・ディオンとデュエットした「祈り」が
世界中で大ヒットし、オスカー賞にノミネート。

1,999年のグラミー賞授賞式、アカデミー賞授賞式でこの曲をセリーヌ・ディオンと歌いその後2回目のアメリカ・ツアーを行なう。
チケットはALL SOLDOUT。ツアー最後の幕となったハリウッド・ボウルでのコンサートには、ハリウッドに住む著名人の多くが来場し話題となった。

2,000年にリリースしたアルバムヴェルディ・アリア集ヴェルディ・アリア集
全米クラシック・チャートで24週連続1位となる。

日本では大いなる世界大いなる世界がCMで大ヒット。日本でも人気が一気に高まった。

2,005年12月には、ラスベガス近郊のリゾート地で
「アモーレ・アンダー・ザ・デザート・スカイ」と題したスペシャル・コンサートを開催。
彼の音楽プロデューサーでもあるデビッド・フォスターがピアノで参加し
オーケストラをバックに世界的に有名なスタンダード・ナンバーを披露した。

2,006年のトリノ冬季オリンピック閉会式ではBecause We Believeを歌い
世界中に大きな感動を与えた。
(奇しくも、ボチェッリを見出したパバロッティは開会式でトゥーランドットを歌っている。)


「哀愁の低音、慈愛の中音、感嘆の高音」ボチェッリの歌声を評する言葉の一つです。

彼のスタイルは、特に一部のアカデミックなクラシック音楽評論家の間では

現在でも、高い評価を得ているとはいえません。

しかしながら温かみ、清涼さ、深み、危なっかしくて

思わずドキドキしてしまう繊細さや、微妙なコントラストの階調。

ナチュラルボイスだけでなく、またベルカントだけでもない表現力豊かで細やかな

ボチェッリの歌は、私たちに深い感動と明日への希望を与えてくれます。

ボチェッリの歌声は、感情や魂そのものなのです。

誠実さや一途ささえも感じさせるボチェッリの歌声は、これまで一体

どれだけ世界中の人々のハートに感動と勇気を与えてきたのでしょう。

いかなる時でも心を込めて歌い上げ

そして、まるで歌が大好きな少年がそのまま大きくなったように

歌い終わった時少しだけ、はにかんでみせるボチェッリ。

これからも人々はボチェッリに賞賛の拍手を惜しまないでしょう。

そしてこれからもボチェッリは人々に

愛、夢、希望そして感動を与え続けてくれるでしょう。

Grazie, Andrea.